2017-09/22 :更新

オーガニック コスメ未精製(ゴールデン)と精製ホホバオイルの違い

未精製(ゴールデン)と精製ホホバオイルの違い

ホホバオイルには透明なオイルと黄色・金色のオイルがあります。

精製された透明なホホバオイル

精製と聞くと一般には高級なイメージがありますが、精製された透明のホホバオイルは、ホホバが吸収したビタミンやミネラルなどの有効な栄養分が失われています。ホホバオイルの産油量を増やすために、一度絞った後のホホバ種子の残りカスや、完熟していない種子に熱を加えて高圧でプレスすることでオイルが再び抽出されますが、その過程で不純物も出てくるので精製する必要があります。

精製で失われたビタミンを補うために後で添加されているオイルもあるようで、海外では透明なホホバオイルを直接肌に使用することはなく、化粧品の配合用として使用されるそうです。

非精製のゴールドホホバオイル

コールドプレス(低温圧搾)によって抽出される金色のゴールデンホホバオイルはホホバに含まれる豊富なビタミンやミネラルなどの有効成分が失われません。不純物の少ない上質なオイルですが、値段も高価です。例えば、EXV(エクストラバージン)オリーブオイルが高品質・高価であるのと同じく、非精製のゴールデンホホバオイルは最高品質のオイルです。

非精製のピュアホホバオイルはスキンケアから頭皮・ヘアケア、マッサージに使用されるキャリアオイルや化粧品作りに、と幅広く利用されています。

Copyright (C) 2017 オーガニックコスメで話題のホホバオイル・肌荒れやクレンジングに.All Rights Reserved.

個人情報保護方針|特定商取引に基づく表示|サイトマップ